色々頑張りたい27歳女(子?)の日々blog

勉強、料理、やりたいこと…しっかりものではないけど、色々頑張りたいです。

私は、安保改革に理解を示すとしても、安部政権は指示しない。

安保法案について、つらつらと私の思うことを書きます。


安保法案を強硬採決させた安部政権と、戦争法案を反対しデモを起こす市民、反対に「安部政権は正しい!」という人々。



何かが、おかしい。




確かに、日本の安全保障がこのままで良いのかどうかは、国民なら誰もが一度は疑問に思ったことはあると思う。



私も子供の頃から、北朝鮮が何か企んでいるニュースや、中国が支配圏を拡大しようと他国を脅かすニュースを見る度、



北朝鮮や中国が本気で日本に戦争を持ちかければ、日本終わりだね(笑)」



と家族に冗談交じりで話していました。



アメリカに守られている日本。
自衛隊も、実は強いのかもしれない。
でも、それって本当?それで良いの?

政治に興味もなかったけど、子どもながらにボンヤリと思いました。


アメリカは守ってくれるかもしれないけど、日本はアメリカを守れない。
アメリカがいるから、日本は大丈夫。
それって成り立つの?

自衛隊は、強いのかもしれないけど。
実際に今の日本人は、戦争をしたことがない。韓国みたいに徴兵制もなく、一般の国民は戦闘訓練されていない。

在日米軍と、自衛隊という職業につくごく一部の国民だけで、日本が行使できる防御力を持ってして、隣国の驚異から日本を守りきる事が出来るのか・・・・・
だってあの国々は、他国を侵略することを考えている国々だよ?



子どもの私でも、戦争が起こった時に日本が自国を守れるビジョンが、浮かびませんでした。



だから、政府が防御力を拡大している事や、今回の安全保障改革が必要だという考え方に、「理解を示して」は、いるんです。



でも、私はそれでも自民党を指示することが出来ません。



理由は、言うまでもないですが、
あやふやな定義、説明不足、有無を言わさず強行的である、
といった事があるからです。



私と同じように、日本の安保体制に疑問を持つ日本人に、「安部政権は正しい!日本は守られてるだけで良いの?!」といって、反対派を非難する人がいます。



でも、私は思います。
これは、国民にとって、とても大きな問題。

戦後、これまで平和だった国が初めて戦争する可能性が出てきて、皆不安なのは当たり前!!!

しかも、定義も危うく、どうなってしまうのか、集団的自衛権は結局政府の判断で拡大されて、必要最小限にとどまらないんじゃないかとか、

反対されて当たり前でしょ!


こんなに大切な事なのに、大切な事なら、どうして。
どうして政府は、きちんとした説明が出来ないのか。
メリットだけじゃなく、変わることによる危険性にも目を背けることなくきちんと認めて、それでも、それでも必要なとこなんだと、
どうしてもっと真摯に国民に訴える事が出来ないのか。


f:id:goodheart:20150716025014j:plain



こんな政府のやり方を皆が不安に感じて反対することの、何がおかしいの?



でも、「戦争法案反対!」と、デモを起こす人々に対して逆に思うことも、あります。
この人たちは、安部政権のやり方に反対しているのか、それとも安保体制が変わることそのものが不必要だと、思っているのか・・・

色んな人がいると思いますが、もしも政権に関わらず安保改革そのものが不必要だと思っている人がいるとすれば(多分いるのではないでしょうか)、その人たちは日本が今のままで本当に安全だと思っているのか?と、疑問に思うのです。
日本の将来を考えて、今のままでいいと、本気で考えているのか・・・



「つまりお前は何が言いたいんだ、どっちにも意見して」
と思われるかもしれません。
私も、上手くまとめることが出来ません。
でも何か、今の状態で、安部に賛成!とか、戦争に反対!とか、そういう事ではないような気がするんです。



何かが、おかしい。

考えるべき論点が、問題が、ずれている、違う、そんな感じがするのです。



ただ、その「おかしい」と思う原因が、現政権にあることは、明白です。



他者に有無を言わせない、国民の声も聞かない政権。
質問に対する答弁も、的をずれていて、自分達の考えが正しいという根拠がまずよく分からない。
説明が出来ていない。
到底納得出来ない説明を無理やり並べて正当性を訴える。

ちゃんとやらないから、何に対して賛成、反対すれば良いのか、何が問題とされているのか、とても分かりにくく、一言では賛成とも反対とも言えません。

法案改革そのものに反対なのか、強引な政権に反対なのか、改革そのものではなくその不明瞭さ、不適格さに反対なのか・・・



再度私の意見を述べますが、私は安保「改革」そのものには反対していません。
でも安部政権は指示出来ないし、安部政権が示す改革案の内容も指示出来ません。





もし、出来ることなら。
出来ることなら私は、こんな政党を、指導者を、指示したいです。

本当に、日本の将来を考えて、日本の改革を訴える。
キレイごとや、自分達の正当性を述べるだけじゃなく、武力やその能力を持つことの危険性もきちんと受け止め、それを国民に説明することが出来る。
武力行使は最小限に留まると、きちんと約束し、その内容を明瞭なものに出来る。


反対を受け止めつつ、地道に、一つずつ、丁寧に、真摯に国民を説得することが出来る。


日本を、国民を大切にする。



そんな政党、指導者を、私は指示したいです。



政治ネタは、以上ですm(__)m





日本人間にタブー的なシリアスな政治ネタの後に何なんですが、昨日の夜ご飯を紹介します(^_^;)!

f:id:goodheart:20150716041458j:plain

豚肉の茹でしゃぶでした(*^^*)♪
お肉を、買いました(笑)
たっぷりの野菜と、手作りのゴマだれで食べました。美味しかったです(^q^)